ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

お年寄りばかりでなく、若い人も注意が必要です

お年寄りばかりでなく、若い人も注意が必要です

歯ぐきが腫れる、出血するといった症状で歯周病に気付く方が多いようです。
ただ、こういった状況に至るまではほとんど症状がわかりにくいというのが歯周病の特徴です。歯が浮く、または歯がぐらぐらしてきてはじめてご自覚される方もいらっしゃいます。

歯周病というと一般的に「お年寄りの病気」と思いがちですが、実は中学生ですでに歯周病にかかっているケースなどもあり、若くても注意が必要です。

歯ぐきの腫れや出血といった歯肉炎から始まる歯周病は、進行すると炎症が歯と歯ぐきの間から深く進んでいって、歯を受け止めている顎の骨を溶かしてしまいます。
お年寄りの歯が抜けてしまうのは、歯周病が原因となっていることがほとんどです。
歯周病になってしまうと元の状態に戻すことはできないので、治療を開始して進行を止めることが大切です。

歯周病は治療で進行を食い止めて、その後しっかりご自宅でケアし、自分では磨けない部分を歯科医院で定期的にきれいにすることで悪化を防ぎます。

糖尿病を悪化させ、肺炎の原因にもなる歯周病

歯周病を引き起こす菌はさまざまなものがあります。
さらに、軽度でも炎症が起こっていると、歯周病の菌が血流に乗って全身に流れていってしまいます。これが糖尿病を悪化させたり、低体重児出産を引き起こしたりすることがわかっています。
また、歯周病菌の混じった唾液が気管に入ることで誤飲性肺炎を引き起こすこともあるので、お年寄りは特に注意が必要です。
歯周病の治療や予防は、こうした病気のリスクを下げる効果があります。

歯周病治療について

歯周病は、歯垢や歯石がたまって歯周病菌が繁殖し、まず歯ぐきの歯に接した部分に炎症が起こり、徐々に内側へと炎症が進みます。そして次第に歯ぐきと歯の間に「歯周ポケット」という隙間ができて、そのポケットがどんどん深くなっていきます。
歯周ポケットは、その深さにより、軽度、中度、重度と3段階に分かれます。ポケットがあまり深くなってしまうと歯ぐきが歯を支えることができなくなって、健康な歯が抜けてしまうことになります。

歯周ポケットには歯垢や歯石がたまりやすく、歯ブラシではなかなか奥の汚れをかき出せません。歯周病の治療では、このたまった歯垢や歯石を取り除くことが重要になってきます。
そこで、なかむらデンタルオフィスでは、その歯周ポケットの奥まで、専門的な道具を使ってお掃除し、殺菌する治療を行っています。

この歯周病治療を受けると、口臭も大幅に改善するというメリットもあります。
また、歯ブラシなど、ご自宅でされるケアの効果的なやり方も、わかりやすくていねいにお教えしています。

状態によりますが、何度か通院していただけば、数カ月に一度のメンテナンスだけで進行を食い止めることができます。
歯周病は生活習慣病なので一度治療を受けたらそれで安心というものではなく、定期的な健診と予防をしないと再発して症状が進んでしまうのでご注意ください。

もし重度の歯周病まで進んでしまっていた場合には、骨も溶けて痩せている可能性があり、そうなると歯を支える力が弱まってしまいます。
骨をつくる治療ができる可能性もありますので、ご相談ください。
足柄上郡開成の歯科医院ならなかむらデンタルオフィス ホームページを見たとお伝えください 電話番号 0465-84-1884